073.jpg

ふきのこと

私たちの資産について

大地の恵みと、愛情がたっぷりつまったふき。

​わが子を育てるように、大切に育てています。

蕗まつり.png
070.jpg

シャキシャキと瑞々しいふきは、

昔から音別のまちの人の誇りであり、

​大切な存在です。

その昔、町の人はふきの収穫を祝い、踊り、祈り、暮らしの一部として誇りを持って大切にしていました。

開拓時代から2mほどの背丈のふきが自生していて、暮らしを助けられていたようです。シャキシャキの「蕗」は、地域唯一の資源なのです。

高速道路も通っていない手つかずの地。​だから空気も水も清らかで美味しい。

音別は道東に位置し、高速道路も通らない手付かずの自然が残る町。何もない町だからこそ、そこには美味しい空気と清らかな水が流れます。

冬にはタンチョウが訪れて羽を休め、 春にはサケをはじめ、きれいな水にしか生息しないアメマスも数多く見られる釣り人の聖地でもあります。

水の美味しさは大塚製薬の折り紙付き。オロナミンCの約半分は音別の水で作られているんです。

s-DSC_5488.jpg
IMG_3033.JPG
s-DSN_6197.jpg

清らかな水をたっぷり吸い上げて、愛情込めて育てたふきをご自宅におすそ分けします。季節もので、ふきの様子を見て収穫し送るので、のんびり待っててくださいね。

121789694_2777527362574337_8121715432465

音別のふきを

​使った商品

ただいま、準備中です